墓画像

今は墓の選択肢はいろいろあります

私の両親は50代後半です。
父は4人兄弟の末っ子なので親から受け継いでいるお墓はありません。
また母も3人兄弟姉妹の真ん中で、特に親から受け継がなければならないものはありません。
そのため私の両親は新たにお墓を購入しなければならない状況にありました。
そこで両親は自分達のものはどのようなものを購入するべきかとても悩んだようでした。
というのも私は一人娘であったため、親が購入したとしても、それを受け継いでいくことができない可能性があるためです。
具体的にいうと、私が遠方に嫁いでしまえば管理したり、定期的にお参りに行くことも不可能ですし、その後私がそこに入ることはないので、無縁仏になってしまうのです。
そうなる可能性があるなかで、わざわざ高価なものを購入する必要があるのか悩んでいました。
お寺などの区画を購入し、高価な墓石を購入するには、経済的にも負担があります。
そこまで負担をかけて購入したとしても、その後誰もお参りに来てくれないのであれば、負担をかけてまで購入する意味がないのではないかというように考え悩んだようでした。
昔はそのような形で購入するしか、選択肢がなかったようですが、現在は様々な選択肢があるようです。
わざわざ高価な区画を購入しなくても、お寺の建物の中に、お骨を入れるスペースだけ確保して集団でお寺に管理してもらえるところも増えてきているようです。
両親もそのような形のものを購入した方が後々のことを考えると安心できるのではないかと考えたようで、その結果こうしたタイプのものを購入することになりました。
両親が結局購入することに決めたお墓は、お寺の建物の中に設置されているお墓でした。
区画代も必要なく、年に1万円の管理費を支払うだけで永久に管理してくれます。
もちろん両親が死去した後はその管理費は娘の私が支払うことになるのですが、8人まで入ることができるので、私が死去した場合、もし入りたいと思っても入ることが可能です。
実際に見に行ったのですが、渡された電子カードをお寺の中のブースにかざすと、自分の家の名前が刻まれたお墓が自動でそのブースに現れてきます。
そこには綺麗にお花や線香などが飾られており、お参りに行くときにお花や線香などを持っていく必要はなく、管理してもらっているので石はいつもピカピカな状態です。
もし両親が無縁仏になってしまった場合は、御骨は別の場所に移動され、他の無縁仏の方達と一緒に供養してもらえるという形で永代供養がついています。
値段も通常の値段と比較して、割安に設定されていますが、石の種類によって値段の幅が少しあります。
それでも通常の値段よりはかなり手ごろになっています。
後々無縁仏になってしまう可能性があるのに、高い金額を払って購入するよりも、永代供養がついていて割安な方がとても安心できるものです。
実際に私は結婚し、親の姓を継がなかったため、同じお墓に入らない可能性がありますが、姓が異なっていても一緒に入ることもできるそうです。
管理も楽で安心感があるのなら、こちらの方が両親にとってはよい選択であるし、私にとっても将来入ることができる安心感があるのでよいなと思っています。
現代はいろいろな選択肢があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

Copyright(C) 2010 おはか.com All Rights Reserved.