墓画像

お墓については生きてる時に考える事です。

お墓を考えるのは、なくなってからでは遅過ぎるのです。
その事は生きてるうちに考え、それを購入する人が案外多いのです。
それは亡くなってからでは、子供たち等に心配や手間をかけることにもなるのです。
また最終的に永遠に眠る場所ですから、自分たちで決めるほうが望ましいのです。
個人的には、お墓のパンフレットを父親が亡くなってから取り寄せた事があったのです。
以前幼い頃に亡くネった兄がいたので墓はあったのですが、その老朽化と旧式のスタイルの為に新しく購入を母が決めたのです。
その時に新スタイルのものがある事を知ったのです。
墓にも材料等の流行があるということだったのです。
そのパンフレットから色々な種類と形や価格が、ある事も知ったのです。
まるで洋服のカタログのように多様なものに驚いたのです。
それは両親の事であったのですが、個人的にその事を考えなければいけない年齢なのです。
母も私もその知識が乏しく、業者の言うなりになった感じでそれを購入したのです。
それからしばらくして、友人とその墓のことを話したのです。
友人もまだ大丈夫とは言っていたのですが、心配な様子だったのです。
それは、将来いつかは必要です。
しかしそれが何時なのかは、誰もわからないのです。
その購入は、先の転ばぬ杖なのかもしれないのです。
またその価格も材料によって異なるので、購入資金も必要です。
高級感のある光を帯びたものから宗教によって、異なる形の物まである事を友人にも説明をしたのです。
それから友人も私もそのことを忘れてしまっったのですが、親類に不幸かあってからまたその話題が親戚の間で出たのです。
生きてるうちに墓は購入すべきであると言うのです。
またそれを購入する前に今後は、葬儀の必要性の話をしだしたのです。
葬儀は、宗教でそのやり方や故人の意向で色々な方法で行えるとのことでした。
父の亡くなった時も葬儀は、初めてでしたから業者の言うままに行った記憶もあるのです。
家族葬が、現代では多くの場所で行われていること等をその時に聞かされたのです。
それは葬儀費用が、格安に済むことを知ったのです。
それを考えると父が行った葬儀は、盛大でしたが高額の葬儀だったのです。
ですから何事も生きてる時に事前に、多くの知識や情報が必要なのです。
その事で、費用の節約やお得な事も多くあるのです。
またお墓についても親戚から良い業者のある事を聞かせれたのです。
そこは、中間業者が入らずに直接販売を行う所だということなのです。
ですから以前それを購入した物が、多分その業者からだと格安で購入出来たかもしれなかったのです。
その購入価格の設定方法の裏話等詳しくその時に教えてもらったのですが、少し遅過ぎたことでした。
母と一緒にそのe戚に購入前に相談をすればよかったと後悔したのです。
ですが今後の購入を行う時には、それを相談する人がわかったのです。
とにかく人生の最後の為に亡くなる前に、色々決めておかなければいけない事ばかりだったのです。
そしてその費用の計算もしておかなければいけないのです。
その事は安心して亡くなる方法と言う言葉を思い出すのですが、また友人たちと話す話題が増えたのです。
今後もそれらの記事や広告を見るたびに将来の事と一緒に考えるようにしたいのです。
それは楽しい事ではないのですが、大切な事柄なのです。
遠いお墓のメンテナンス方法についてもしっかりと知っておきましょう。

Copyright(C) 2010 おはか.com All Rights Reserved.