墓画像

近くの霊園のお墓でお世話になることになりました

私の叔母は、現在80歳になりましたが、ご主人も既に他界されましたし、子供もいないため私が叔母のお世話をしています。
お世話をしているといっても、身の回りのことはほとんど自分でしていますから、私がすることといったらたいしたものではなく、普段はできないようなことのお手伝いとしていて、例えば大掃除のときの手伝いや、買い物に付き合うというくらいのものです。
さて、叔母ができないこととして、ひとつ問題がありまして、ご主人のお墓参りができないのです。
伯母のご主人は、九州の福岡県の人なのですが、その福岡にお墓があるためにお参りに行くことができないのです。
もう少し前までは、自分で新幹線に乗って1年に何回か行ってくることができたのですが、最近では体力的に九州まで行ってお参りをして往復することが、困難になってきたのです。
また、墓地のある九州には親戚がいないため、誰もお参りに行けないので、お寺さんにお任せしているだけという状態なのです。
これを叔母は、とても気にしていましたので、何とかならないかと私に相談してきました。
お墓と言いましても、私自身も九州のお寺には1回しか行ったことがなかったので、叔母に言って場所を詳しく教えてもらいました。
また、インターネットでもお寺のことをよく調べて、お寺の方に連絡をしてみることにしました。
お寺に連絡をすると、事情はわかっていただきまして、私がお骨などを引取りに行くことになりました。
また、私はご主人のお骨などを移すためには新しいお墓が必要ですので、叔母が住んでいるところの近くの霊園を探すことにしました。
すると、いくつかの霊園がありまして、どの霊園がいいのか私ではわかりませんので、叔母にどの霊園が良いのか聞くことになりました。
叔母には、私が先にいくつかの霊園に行ってもらってきたパンフレットを見てもらいました。
すると、宗派などの問題については、霊園のほうに聞いてみないとわからないということでしたが、一応は最近では大抵の宗派のものを引き受けてくれることが多いようなので、ほとんど大丈夫であろうということでした。
しかし、やはり良い環境の霊園で安らかに眠って欲しいという思いが強いようで、実際にどんな霊園であるのか見てみたいと言いました。
そこで、仕事が休みの日に私は叔母を連れて霊園を見学に行くことにしました。
はじめに行きました霊園は、とても大きな霊園でして、山全体が霊園になっているような感じがするところでした。
そのため、山であるということは周りに木々がありますし、高いところですから見晴らしも良いところでしたので、叔母の言う良い環境に当てはまるところでした。
しかし、こちらの霊園は交通の事情があまり宜しくなくて、車に乗らない叔母には行きにくい場所でしたので、諦めることにしました。
次に行ったのは、先ほどの霊園よりも少し値段が高いのですが、駅からもそんなに離れていない、あるお寺にある霊園に見学に行きました。
すると、このお寺というのがご主人の九州のお寺と同じような環境でして、お寺の人が管理されていて、木々もきれいに整備されていますし、環境的にはとても良いものでした。
そこで、叔母に聞いてみると、やはり現在の九州での環境にも似ているので、ご主人も安心してくれるのではということで、こちらでお世話になることになりました。
こちらの墓石の選び方についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010 おはか.com All Rights Reserved.